佐久、上田の大井建設工業のスタッフ・社員紹介

■受付時間 8:00~17:00(お盆、年末年始除く)
電話番号 0120-33-4152
社長物語 社長物語 社長物語 社長物語 新築家づくりの無料プレゼント 新築家づくりの無料プレゼント

社長物語
President Story

History1

生まれと学生時代

1963年9月、先代の社長である父親が大井建設工業(株)を創業しました。

創業のきっかけは、50年前の大浅間ゴルフクラブ(老舗のゴルフ場です)の工事中、お施主様の三井不動産(株)の元社長(江戸英雄さま)にお声を掛けていただいた事です。

そのため、創業後は、三井不動産(株)をはじめ、三井グループの方々にお世話になり、三井グループが手掛ける軽井沢町や蓼科の別荘地やゴルフ場の工事をすべて、お声を掛けていただき、今日までやってくる事が出来ました。

さて、2代目となる私は・・・

1964年12月、軽井沢町で長男として生まれました。
出産予定は1月でしたが、急に母親の体調が悪くなり、1カ月も早く生まれたそうです。
この時の体重は2,300g。未熟児でした。
体力無く生まれたため、出産後、何回か生死をさまよい、医師から「覚悟をしてください」と言われたようです。
でも、そんな私ですが、今では身長172センチ、体重は70㎏を超える立派な体格に成長しました。
今の姿を見られると「未熟児だったのは、ウソなのでは?」そう思われるかもしれませんね。


50年前の創業時の本社
50年前の創業時の本社
祖母と私(2歳)
祖母と私(2歳)

その後、地元の幼稚園、軽井沢中部小学校、軽井沢中学校、野沢北高校、信州大学工学部と順調に進学しました。
中学校時代は柔道部。高校時代は空手と、武道に興味があり、汗臭い道着を着て頑張っていました。
また、「声が大きい」という理由で中学校3年生では、「応援団長」になり、野球部などの応援にも行っていました。
大学でも空手部に入部しましたが、途中で腰を痛め退部。その後は、病院に通いながら、リハビリをしていました。

大学卒業後は、三井不動産建設(株)(三井不動産(株)の100%子会社)に入社しました。

History2

修行時代

入社当時の、三井不動産建設(株)の社員は1,200人でした。
そして、新入社員の私は、運よく100億円規模の現場に配属になりました。この現場での経験が、今でも私の宝物となっています。

私が入社した時代は、土曜日は出勤で、毎月第2、第4日曜日しか休みはありませんでした。
さらに、1カ月の残業時間が200時間を超える事も当たり前。でも、こんな生活が長く続く訳がありません。とうとう1年後に体調を壊し入院しました。

退院後すぐに、副所長から「胃を切って初めて一人前だ!」と発破をかけられ、「社会は厳しいな~」と実感しました。

その後も、この現場の忙しさは変わらず、また、精神的、肉体的に限界を感じ「これ以上は無理かな?」と思い、上司に「会社を辞めたい」と相談をしました。
今思うと情けない相談です。

すると、上司は「お前の人生だから、辞めても構わない。でも、辛い事から逃げるな!打ち勝ってから辞めろ!」と、言われました。
この時、頭をハンマーで叩かれたような衝撃があったことをハッキリ覚えています。
そして、この「勝って辞めろ」この一言は、私の大切な言葉の一つです。

「よし、もう一度倒れるまで頑張ろう」そう思うと、それ以降は、不思議と疲れなくなって来ました。
人間はおかしなもので気持ちが高ぶって来ます。マラソンの「ランナーズハイ」みたいなものでしょうか?

結局、その後3か月休みが無く、残業もそれまでと同様な状況の中、疲労で倒れることなく、勤務する事が出来ました。
そして、気がついてみると、精神的にも肉体的にも筋肉質のアスリートに変貌していました。

新入社員入社式記念写真
新入社員入社式記念写真
新入社員時代
新入社員時代

私の新入社員で経験したこの数年間は、大学時代にたるんでいた精神と肉体を鍛え上げてくれました。
当時は、辛くて苦しくて、恨み節しか言っていませんでしたが、今となっては感謝の気持ちでいっぱいです。

そして、気が付けば、私は三井不動産建設(株)に8年もお世話になるようになり、いろいろな経験をさせていただきました。
もし、新入社員の時に、現場の辛さで逃げていたら、今の私は無かったことでしょう。

さらに、8年間の勤務中に、同じ会社に勤務していた女性と結婚し、2年後に長女が誕生しました。
結婚して、会社の寮を出て、初めてエアコン付きのアパートに住む事が出来ました。
そして、夜遅く帰っても、家の明かりがついている部屋をみると、
「家族っていいな~」と、しみじみ思ったものです。

History3

大井建設に入社

そして、8年間の修業期間を終え、平成6年三井不動産建設(株)を退社し、
父親が経営する大井建設に入社しました。この時は、平成10年の長野オリンピックが決定したこともあり、オリンピック景気に沸いていた頃です。

この時の大井建設は、土木工事と建築工事を請け負っていました。
土木工事は、三井グループが関係する別荘地やゴルフ場の造成工事や公共工事。建築工事は、大型施設や小中学校をはじめ、別荘も数多く建築していました。

でも、この時、別荘や数億円規模の施設は工事していましたが、一般住宅は数えるほどしか工事していませんでした。腕の良い職人や現場監督も揃っています。

「別荘は何百棟も建築しているのに、なぜ一般住宅は建築していないのか?」

と疑問を持っていました。

そして、この答えは簡単に見つける事が出来たのです。
その答えとは・・・

「営業マンが1人もいない」という事でした。

現在の本社
現在の本社
本社1階ショールーム
本社1階ショールーム

別荘は営業マンがいなくても、不動産会社からお客様を紹介していただいていました。でも、一般住宅は営業マンがいないと、継続して契約する事が出来ません。社内を見渡しても、営業に適している人材は見つかりません。
そこで、営業経験が無い私自身が営業マンとなるべく、いろいろなセミナーや勉強会に参加し、知識を身に付けました。

そして、勉強を重ねるうちに、

  • ・大手ハウスメーカーの家は、値段が高すぎる事
  • ・チラシの価格はウソが多い事
  • ・安くてもいい家を建てる事は可能

という事を知りました。

そして、別荘の建築経験を生かし、「大手ハウスメーカーと同じような住宅を、 30%安く作る事は出来ないものか?」と考え、必死に勉強した結果、

住宅の価格を30%安くする事に成功しました。

私たちはこれから家づくりをお考えの方に、家づくりで成功する知識や情報を提供し、全力でお手伝いします。
あなた様とお会いできる機会を心より楽しみにしています。

新築戸建て施工事例-物件写真 新築戸建て施工事例-物件写真 新築戸建て施工事例-物件写真

最新のお役立ち情報&スタッフブログ

最新記事一覧 》

Instagram

PageTop