前回、ドッグランがある家をご紹介しましたが

今回はその室内の見どころをご紹介しますね。

まずは、キッチンです。

無機質になりがちなキッチンパネルではなく、モザイクタイルを貼り

円形のレンジフードを使うことで、温かみのあるキッチンになりました。

そして、洗面化粧台も好みのものを組合わせて、アンティークで手作り感いっぱいです。

またアンティークな鉄製のモノにもこだわりました。

階段と2Fホールの手すりには鉄製の格子。

下はトイレのタオル掛け(左)とペーパーホルダー(右)です。

これもこだわりの一品ですね。

最後はデザインにこだわったドイツ・ハーゼ社製の「センダイ」というストーブ。

炎が良く見えるクリアで直線的なデザインが印象的で

コンパクトなスペースに収まります。

このように、こだわり、そして気に入ったものに囲まれた別荘生活は

自宅では味わえない楽しみとくつろぎがありそうですね。