こんにちは、渡辺です

ステイホームが続いていますが

皆さんいかがお過ごしでしょうか?

 

約3ヶ月経ちますが

生活スタイルが変わりました

甲子園も中止になり

本当に私もショックです・・・

高校最後の夏がない高校生はもっとショックですね

なんとか頑張って欲しいです

 

ピンチをチャンスに変えるいいメールが野球関係者から

届きましたので紹介しますね

 

「空白の時間がくれるもの」と題したこの記事で、

『中学生の時にけがで1年ぐらい野球ができない時期があり、

その時に「けがをする前より野球をうまくなるために、

何をやるか」を考え、 いろいろ行動し、

そこで気づくことがたくさん出てきた。

この時間はムダではなく、むしろ

「うまくなるきっかけ」をくれた時間だった』 と言っています。
学校にも行けないこの時間、できることは限られますが、

「普段できないことにチャレンジする」 チャンスと捉えてみましょう。

野球から離れることで、違うことをすることで、

これまで意識できなかった「新しい自分」に 気づくことができる、

そんな時間にできたらいいですね。
野球の中でもちょっと違った捉え方をしてみるのも

野球の中でもちょっと違った捉え方をしてみるのも

いいかもしれません

スイング1つとっても、いろいろできます

逆手で振る、 左手と右手をくっつけずに離して振ってみる

小指をグリップエンドに掛けて振ってみる

指の腹で握ったり、 手のひらで握ったりと握り方を変えてみる

などなど、 今までと違う「ヘッドが走る」スイングが

できるかもしれませんよ。

 

筒香選手は1年まともに運動できなくても

そのピンチをチャンスに変え

今やメジャーリーガーとなっています

何とももどかしく、息の詰まるような時間が続きますが、

プレイボールを待ちながら、できる範囲でいろいろやってみましょう!

 

長文でしたが

いかがでしたか?

この時期、子供達も頑張ってます

私たち大人も頑張りましょう!

追伸

 

硬式ボールをこの時期にしか出来ない事を

頑張っています!!!!!

いい経験ですね

 

完成!

 

 

by
子育て応援団長!