みなさん、こんにちは
大井建設の大井です
最近は朝の最低気温が12℃前後になり
急に寒く感じることが多くなりました

皆様の地域はいかがですか?

さて、9月18日に国土交通省が基準地価を公表しました
なんとバブル以降27年ぶりの上昇となりました

このニュースは、どんな効果があるのか
検証したいと思います

まずは、基準地価の説明から
※基準地価とは・・・

都道府県が不動産鑑定士の評価をもとに
取りまとめた毎年7月1日時点の全国の土地価格です

国土交通省が9月に公表し、
民間企業などの土地取引の指標となり、
1平方メートルあたりの価格を算出しています

この全国平均の価格が前年度より
+0.1%の上昇となり、バブル以降27年ぶりの
上昇となったようです

簡単に言えば、
「27年間かかり土地の下落が止まりました」
という事です

では、これから土地は上昇してしまうのでしょうか?

この上昇は全国平均の数字です
長野県内はどうなのかを、詳しく調べる必要があります

そこで、新聞を見てみると・・・

長野県内の土地は「22年連続の下落」となっていました
全国平均は27ぶりの上昇ですが、県内の土地は
22年連続の下落となっているようです

でも、下落幅は減少しているので
もしかしたら、来年あたりは上昇するかもしれません

また、もう少し地域別に詳しいく見てみると
軽井沢地域は上昇していますが
佐久地域は下落しています

今回の国土交通省の発表で
土地を売りたい地主さんは「ようやく希望の価格で売れそうかな?」
と思うかもしれません

土地の価格はオープンプライスです
上手に値段交渉することが大切ですね!