みなさん、こんにちは
大井建設の大井です

今年も残すところ、あと1週間を切りました
今週末は最強の寒波がやって来るそうです
体調を崩さないようにお過ごしくださいね!

さて、増税後の景気対策が決まりました

今回は住宅だけではなく、
増税で景気悪化しないように
様々な対策を行うようです

一例を挙げると・・・

・普段の買い物
キャッシュレスで5%の還元
プレミアム商品券の発行

・自動車
燃費課税の減税
自動車税の引き下げ

などです

さて、住宅に関してですが
今の段階で分かっている対策として・・・

・住まい給付金のアップ 30万円⇒50万円
・住宅ローン減税の3年延長
・エコポイントの実施
などです

この中で、住まい給付金の50万円増額は
以前から決まっていたことなので想定内です

でも、住宅ローン減税の3年延長や
住宅エコポイントは新たな対策と言えます

エコポイントは詳しいことは発表されていないので、
今回は間違いやすい住宅ローン減税の3年延長に関して
少しご説明します

まず確認です
今回の住宅ローン減税は
・10年間の減税を13年に延長
・11年目からの3年間の控除額は建物価格の2%
と、発表されています

そのため、勉強されている方なら

「住宅ローン減税は最初の10年間は1%なのに
11年目から13年目は2%に増えるの?」

そう思われるかもしれません
もちろん、これは誤解です

実は11年目から13 年までの3年間は、
10年間と同様にローン残高の1%か、
建物の購入金額の2%を3年で割 った金額の
少ない方の金額が控除されます。

例を挙げてご説明します

もし、2500万円の住宅を建築した方は
最初の10年間はその年のローン残高の1%分が減税されます

でも、11年目からは2500万円の2%を3で割った金額か
ローン残高の1%の、少ない金額が減税となるのです

計算してみましょう
(金利は計算していません)

1%減税の場合
毎月8万円のローンを組んでいる方は
1年で96万円の返済なので10年間で960万円返済出来ます

すると10年後は2500万円-960万円=1,540万円となり
1%の減税は15.4万円になります

建物の価格の場合
2500万円の2%を3で割った金額なので
2500万円×2%/3=16.6万円になります

そして、この金額のうち少ない金額なので
今回の場合は、1%減税の15.4万円となるわけです

少し分かりづらい内容ですが
ご理解くださいね!

間違っても、
「ローン減税が3年延長になり、
その場合は2%の減税になるので
2,500万円の建物なら50万円の減税になる」
と思わないでください

もし、営業担当者が間違った説明をすれば
「その説明間違っています!」と
指摘しましょう

 

おすすめ記事
No articles