みなさん、こんにちは
大井建設の大井です
12月に入りましたね

今年も残すところあと1ヶ月です
これからは年内の仕事や挨拶回りなど
忙しい日々が続きます

インフルエンザも流行しているようです
体調管理に気をつけてお過ごし下さいね!

さて、今日は緊急のお知らせがあります
実は11月16日に断熱性能の基準が改正になり
軽井沢の断熱性能は北海道と同じ基準に引き上げられました

詳しく言えば
国土交通省が「建築物省エネ法の改正に伴う地域区分の見直し」を行い
軽井沢町は今まで、佐久市、御代田町、小諸市と同じ3地域でしたが、
(地図上の緑のエリア)
函館と同じ2地域になります(水色のエリア)

この変更により、軽井沢で建築する場合は
今までよりも断熱性能をアップさせる必要があります

でも、ご安心下さい!

大井建設の「北海道基準のエコ住宅」は
文字通り標準で「北海道基準」です

そのため、断熱性能は何も変更しなくても大丈夫です

今回の地域区分の見直しで
軽井沢町以外にも、川上村、南牧村、南相木村、北相木村
などが、北海道と同じ2地域に指定されました

もし、変更された地域に住宅をお考えの方は
すぐに断熱性能を1ランクアップさせて下さいね

追伸
12月のフラット35の金利ですが
11月より0.04%も上昇し、1.21%になりました

今後は、1.1%~1.3%の間で推移することが予想されます