みなさん、こんにちは
大井建設の大井です

今日は少し暗い話題です(涙)

日本経済新聞の
・人生100年時代を見据える
・幼稚園から私立1,830万円
の2つの新聞記事をご紹介します

★人生100年時代を見据える
(令和1年12月13日付け)

この記事を要約すれば・・・
金融庁が年金だけでは老後の資金が2,000万円
足りなくなるという試算を出したが
人生100年時代に突入すれば現実になるので
今のうちから対策が必要になる

その具体的な方法として、
国はこれ以上年金を払うことは不可能なので
・厚生年金以外の私的年金を掛ける
・70歳まで延長し、掛け金を増やして欲しい
と言うことです

この記事では、
月2.3万円を年利3%で30年運用すれば
1,300万円になるようです

もしかしたら、来年は「イデコ」「NISA」
「確定拠出年金」という言葉が増えるかもしれませんね!

でも、投資なので損をする可能性もあります
慎重に検討しましょう!

★幼稚園から私立1,830万円
(令和1年12月19日付け)

この記事は見ての通りです
幼稚園から高校までの15年間
すべて私立に通った場合の学習費の総額は1,830万円で
すべて公立高校に通った場合の541万円に比べ
3.38倍になったようです

なお、公立の学習費は前回調査と同じでしたが
私立は幼稚園、小学校、中学校、高校のすべてで
授業料が上昇したようです

私たちの地域では、幼稚園から15年間私立に行く方は
少ないかもしれませんが、この記事が資金計画をする上で
教育費用を計算する貴重な資料となりそうです

いかがでしょうか?