みなさん、こんにちは
大井建設の大井です

緊急事態宣言が5月末まで延長されましたが
各都道府県においては独自の判断が出てきそうです

今後は少し期待できるかもしれませんね

 

さて、今回は
「コロナ禍に負けない家づくり③ 予算を抑える方法」
です

緊急事態宣言が緩和しそうな雰囲気が出ていますが
まだまだ先が見えない状況です

そのため、これから家づくりをお考えの方にとっては
予算を厳しめに考えた方が良いかもしれません

 

不思議なことですが、
大井建設以外で契約をされた方の相談も増えています
その内容は
「途中から金額がドンドン増えて不安です」
「総額を聞いて諦めました」
「最終的に予算をオーバーしそうです」
などです

特に、住宅展示場でプラン⇒見積りを行った方は
最終的に高額になってしまうケースが多いようです

このように増額になってしまうのは
住宅メーカーが悪い訳ではありません
もちろん、皆さんが悪い訳でもありません

実は、各住宅メーカーの価格の仕組みが違うから
金額がドンドン増えてしまうのです

 

以前もお話ししましたが、
どこまで標準装備をしなければいけないのか
住宅には決まりがありません

そのため、最初の価格を低く抑える会社は
本体価格や建物価格という名称で
お客様に低価格な金額を提示します

そして、打合せを重ね見積書を提出する時に
カーテン、照明、諸経費などを含んだ価格を提示します

この価格が想像以上に高額になります

もちろん、大井建設の価格は 諸経費、設計費、地盤調査費、
カーテン、照明など コミコミ価格になっているので
予想以上の増額にはなりません

 

そのため、最初から

「この金額にはどこまで含まれていますか?
カーテン、照明、設計費、諸経費など
住むために必要な設備は含まれていますか?」
と聞くことが大切です

もし、工事が始まり営業担当者から
「○○は見積りに入っていないので別途いただきます」
と言われたら、もう後戻りできません

 

何事も最初が肝心です

 

景気が良い時代であれば多少の増額は対応できますが
コロナ禍の現状では、予算を抑えることは大切です

特に、ショールームを見学しキッチン、 ユニットバス、
洗面化粧台などを 変更される場合も多くなっています

増額が予想される方は最初から別途予算として
50万円~100万円余裕を持っておいた方が良いかもしれません

また、コロナ禍で将来が不安の方は
最初から100万円~200万円程度 低い予算で
家づくりを始めた方が良いかもしれません

いかがでしょうか?

 

 

 

では、次回は
「コロナ禍に負けない家づくり④ 絶対に予算オーバーしない方法」
です

お楽しみに

「コロナ禍に負けない家づくり」は
家づくりの火を消さないように
消えないように守っていただくために配信しています

もし、家づくりの不安や悩みがある方は 遠慮せず、
社長の私にご相談下さい

お答えできる範囲ですべてお答えします

 

ご相談はこちらから
mailto:vip@ooi-kensetsu.co.jp

 

佐久地域で家を建てるなら
大井建設にお声を掛けて下さいね

HPはこちらです
https://www.kosodate-ouen.com/

 

 

佐久地域で家を建てるなら
大井建設にお声を掛けて下さいね

HPはこちらです
https://www.kosodate-ouen.com/