みなさん、こんにちは
大井建設の大井です

 

最近、コロナ禍の影響で
住宅業界にもYoutuberが増えてきたようです

私も何人かの動画を見ましたが
その中には、正しい情報を発信している動画もありますが
・それは嘘でしょう
・そこは違うでしょう
など、自社の特徴を売込むための動画が
増えているように感じています

そのため、
・動画を見れば見るほど
・住宅会社を回れば回るほど
・HPやカタログを見れば見るほど
・営業マンの話を聞けば聞くほど
訳が分からなくなってしまい
迷ってしまう方も増えています

なぜ、こんなことが起きるのか?

その理由は簡単です
建築業界にはキチンとした決まりが無いからです

 

例えば・・・

「○○ホームの家は高気密・高断熱なので暖かいですよ!」
という会社と

「△△ハウスの家は、断熱性能が最高ランクなので暖かいですよ!」
という会社がありました

どちらの方が暖かい家でしょうか?

みなさんは、分かりますか?

 

私には分かりません
これだけでは判別できません

自動車の場合は、燃費や最高出力(馬力)など「数字」で比較できますが
住宅の場合はあまり数字は出てきません

住宅の場合、数字で表現できる物は
断熱性能としてUA値やQ値
気密性能としてC値
程度です

 

これからは、住宅関係の様々な情報が飛び交うので
「正しい情報」と「間違った情報」
を見分ける力が必要となります

ぜひ、見分ける力を身につけて下さいね!

 

ちなみに、住宅業界でよく言われている
「高気密・高断熱」の基準をご存知ですか?

結論から申し上げれば、基準はありません

「えっ?本当ですか?」
そう思われるかもしれませんが本当です

実は住宅業界には「高気密・高断熱の基準はありません」

 

その代わり、平成25年に国土交通省が
全国を8ブロックに分け断熱基準(UA値)を設定しました

軽井沢地域は2地域 UA値 0.46以下
佐久地域は3地域  UA値 0.56以下
上田地域は4地域  UA値 0.75以下
です

私は、この断熱基準で建築することは普通と考えていますが
この基準をクリアした住宅を
「高断熱の住宅」と考えている会社もあるようです

住宅の性能は分かりにくいですね~

 

もし、営業担当者が
「弊社の住宅は高気密・高断熱です」と言ったら、
「高気密・高断熱の基準を教えて下さい」
と質問して下さい

 

もしかしたら、
・高気密の基準はC値=1
・高断熱の基準はUA値=0.56
と答えるかもしれません

試してみて下さい

 

佐久市で注文住宅を建てるなら
大井建設にご相談下さいね