信州大学と共同研究の中間発表を
7月30日(木)15時~17時まで
ZOOM会議にて開催しました

参加者は、大井建設の営業と設計
信州大学は池田君(大学院2年)、中谷助教です

今回の中間発表は
1.床下暖房の違いによる温度分布
2.基礎内の空気温度分布
3.暖房時の熱は地盤に逃げるのか?
4.最適な断熱材施工の検討
です

細かな中間報告は省略しますが
信州大学と共同研究をしている最大の目的は
最高レベルの健康・省エネ住宅の開発です

そのため、
・断熱、気密性能
・最適な暖房方法
・快適さの体感調査
が必要不可欠です

数年前より断熱・気密性能は
工事の技術が向上し
暖かい住宅建築が可能となりました

また、暖房方法は
FF式⇒蓄熱暖房⇒エアコン
と暖房機器が省エネに変わってきました

さらに、現在ではエアコンを使っての
基礎から暖める床下エアコン方式が
快適で最先端の暖房方式となっています

この暖房方法は、比較的寒くなる
・洗面脱衣室
・トイレ
などが暖かく快適になります

私も床下エアコンの住宅に住んでいますが
冬は本当に快適です

 

これからマイホームを建てる方には
ぜひ、床下エアコンを検討して欲しいと考えています

 

ところが、床下エアコン方式にも
課題があります
最大の課題は、床下にエアコンの暖気を均等に回す事です

そこで、今回の中間報告では
様々な方法を使用し、エアコンの暖気を
均等に回す方法を検討しました

その結果、有効性が実証されました

さらに、床下エアコンの能力を最大限に上げる
断熱の方法も実証されました

この結果は秋に着工予定のモデルハウスで
皆さまにご紹介します

お楽しみに!

 

佐久地域で家を建てるなら
大井建設にお声を掛けてくださいね!