みなさん、こんにちは
大井建設の大井です
来年結婚予定の方には嬉しいお知らせです

9月21日(月)信濃毎日新聞の朝刊記事
をご覧ください

なんと来年度から、少子化対策の一環として
新婚世帯に60万円の補助金が出るようです

ただし条件があります
その条件とは・・・

「結婚新生活支援事業」を実施する市区町村に住み、
新たに婚姻届を出した夫婦です

さらに
①婚姻日の夫婦の年齢が39歳以下
②世帯年収が540万円未満
のご夫婦が対象です

では、39歳以下で世帯年収が540万円以下の
夫婦であれば全員貰えるのか?

結婚すれば貰えるのか?

 

残念ながら結婚しただけでは貰えません

ここで言葉に注目してください

今回は「補助金」となっています
そのため、ある費用の補助のために支給されます

ある費用とは・・・

・新婚生活の家賃や敷金・礼金
・引っ越し代
などの費用が対象のようです

 

では、結婚新生活支援事業を実施する市町村とは?

残念ながら、全国で281市町村しかありません
全体の15%程度です

長野県内は24市町村で、上田市、東御市などが
登録され、現在でも30万円の補助金が支給されているようです

来年度から本格的に60万円の補助金が出るようになれば
この事業を支援する市町村も急増すると予想しています

来年結婚予定の方は、チェックしてくださいね!

 

佐久市で注文住宅を建てるなら
大井建設工業(株)にお声をかけてくださいね!