家づくりの応援団長

2021年3月25日

4月1日から変わります

みなさん、こんにちは。
大井建設の大井です。

今回は4月から変わる制度について
ご案内します。

4月から新年度が始まり、お子さんの入学や進学、
または就職など新しい環境が始まる方が多いかもしれません。

実は住宅業界も新年度から色々変わります。
今回は数年後まで先を含めた、
住宅業界の変化についてお話しします。

①税込み表示の義務化

これは、ご存知の方も多いかもしれません。
4月1日より、住宅価格の表示が税込みとなります。
これは住宅業界だけでは無く、
すべての価格が税込みとなります。

大井建設の「エコ住宅」の場合、
3月31日まで1,698万円⇒4月1日より1,867.8万円となります。

もしかしたら、税込み価格に切り替える時に、
こっそり値上げをしている会社もあるかもしれません。

チェックしてくださいね!

 

②省エネ説明の義務化

建物の省エネ性能について、
建築士から建築主(お施主様)への説明が義務化されます。

具体的には、住宅の断熱性能(UA値)と
1次エネルギー消費量が基準内に収っているかどうかの説明です。

大井建設が建てる住宅は、
標準が北海道基準なので問題は無いと考えています。

でも、問題点が1つ。
それは、基準内に収っていなくても罰則はありません。

説明する事が義務になっただけです。
4月から不思議な制度が始まります。

③2022年 省エネを光熱費に換算

少し先のお話しなりますが、来年度からは住宅の性能に関し、
光熱費に換算して表示するようになります。

4月から1次エネルギー消費量の説明が義務になりましたが、
数字だけを聞いても意味がわかりません。
そこで、お施主様にもわかりやすいように、
省エネ性能を光熱費用に換算して提示する事になるようです。

これは自動車の燃費のようなイメージと考えて下さい。


④2025年 省エネ義務化

②でご説明しました省エネ説明の義務化ですが、
現在は省エネ性能が基準に達していなくても問題はありません。

ところが、4年後の2025年からは、
「性能が低い住宅の建築は認めない」となります。

大井建設では、いつ義務化になっても良いように準備してきました。
さらに、長野県では省エネ住宅の普及に力を入れていくようです。

高性能住宅が当り前になるまで、もう少しです。
高性能住宅の事なら大井建設工業にお声を掛けてくださいね!

 

佐久・上田地域で注文住宅を建てるなら
大井建設工業へお声を掛けてくださいね

お気軽にお問合せください

佐久市,上田市で注文住宅に関する電話お問い合わせ0120-33-4152

8:00~17:00(お盆、年末年始を除く)

お問い合わせ 資料請求
佐久市で注文住宅を建てる工務店サイトのトップへ